今日も元気に食べ過ぎました。

毎日のごはんとおやつ絵日記です。ときどき、食べ過ぎて忘れます。

アイディア一発芸でインスタ映え

打ち合わせの店で、どどーんと店頭のサンプルで輝いていた「メロンパンケーキ」。コレ、見ちゃったら、注文しちゃうよね。 確かに見た目はメロン。メニューのパンケーキの欄にあったので、中身がパンケーキなのは予想がつくんだけど、切ったらどういう構造に…

極上天ぷらと絶品そばの華麗なる饗宴

今日のお食事会は、アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーです。 最近、アップがないね〜と言われるのは、うちにこもってゴリゴリお仕事していることが多いからです。そんな久しぶりのお食事会をものすごく楽しみにしていたのに、スタート時間を1時間間違…

レーズンが主役のレーズンサンド

お土産でもらうとうれしいお菓子の一つといえば、レーズンサンド、かもしれません。レーズンサンドで超有名な小川軒は別格として、割とどこのご当地土産にもあるレーズンサンド。バタークッキーのサクッとした食感にバタークリームのしっとり感、レーズンの…

たけのこ掘りリベンジ

去年から参加している「たけのこ掘り」に、今年も参加しました。料理家の林幸子先生主催のイベントです。お邪魔したのは、神奈川県小田原市にある「自然園いしわた農場」さん。日本で初めて自然農法でキウイを栽培した300年続く農家さんです。石綿さんのキウ…

酸っぱスイーツなレモンドリズル

郷土菓子研究社のイギリス郷土菓子祭りの続きです。おみやにレモンドリズルを購入し、おうちでもぐもぐ。 レモンドリズルは、レモンジュースを生地にたっぷり、さらにレモンシロップもたっぷり染みこませたレモンスキーには見逃せない焼き菓子。レモンを使っ…

ざくさくスコーンがザクザク好き過ぎ

2月27日〜3月13日までイギリス郷土菓子の旅に出ていた郷土菓子研究社の林周作さん。彼のカフェ「Binowa Cafe」でイギリス郷土菓子祭りが始まったというので、わくわくしながら参加してきました。 お店で食べたのは「クリームティ」。クリームティって、紅茶…

【番外編】食べたことないザッハトルテ

iPadアプリのAdobe DrawとAdobe Sketchが何が違うのか、いまいちよく分からなくてほっといたんだけど、今日、ちょいとつきあってみました。描いてみたのは、ウィーンにあるオーバーラーという老舗洋菓子店のザッハトルテ。ワタクシは食べたことがないので、…

エジプトからやってきたインスタントコーヒー

アウトドア撮影のとき、コーディネーターさんが持参してくれて、気に入ってしまったインスタントコーヒーです。大きい保温ポットにこのコーヒーを淹れて、みんなでぐびぐび飲んでました。 素直でクセがないのが飲みやすかった理由かも。「どこで売ってるの〜…

カレー愛たっぷりのカレーランチ

飯田橋で見つけたカレー&スパイスバル「カリービト」。入り口が半地下になっていて、どうなのかな〜とチャレンジ気分で入ったら、店内の居心地がいいのです。「あ、これは当たりかも」と思ったら、ビンゴ。 なんでもオーナーさんはカレーにはまりすぎて、脱…

クラシックなプリンアラモード

暴風雨のなか、所用に某社に行ったら、通路でお世話になっている編集者さんにばったり。急ぐ用事でもなかったので、「お茶しましょ〜!」ってことで、近くにある喫茶店に入りました。昔ながらのアットホームな喫茶店で、出てくるメニューも気取らなくて落ち…

カヌレから寿司、焼肉の日曜日

午前中にBinowa Cafeで郷土菓子研究社の打ち合わせ。今週中盤から「カヌレ祭り」が始まるというので、カヌレをいただきました。毎度のことながら、外側はカリっと中はもちっとしててずっしり食べごたえがあるのに、食感は軽く、ほどよいおいしさなのです。 …

気がつくとカレー続き

最近、疲れているのか、気づくと、カレー屋さんに入ってます。今日は、有楽町イトシアの「東京カレー屋名店会」。イトシアの地下1階は、さっと食べて出られるので便利。複数のルーを選べるのもいいなぁと。 ごはんは食べたいけど、メニューに頭を悩ませたく…

つけ麺人気は続く

最近は、「ラーメン屋さんができたなぁ」と思うと、つけ麺屋さんだったりすることが多いような気がします。 つけ麺が定着し始めたのは、いつ頃からだったでしょうか?10年前くらいかな。じつはワタクシ、つけ麺を食べたことがありません。なぜか、と理由を聞…

便利なミニスキレット

12月からほぼ缶詰生活で、料理する手間もかけられないので、かなり適当食生活になっています。そんなときに活躍するのがミニスキレット。フライパンでももちろん作れるのですが、スキレットを使うと、ジュッという加熱の音がいいのか、料理している「気分」…

冷凍パンを電子レンジで温める

長年、パルシステムを使っています。近所にいいスーパーがなかったのと、牛乳やトイレットペーパーなど、重かったり、かさばるものを配達してもらうのに便利だなぁと思って使い始めました。パルシステムに決めたのは、肉類がいいと聞いたから。 生協の宅配カ…

お正月の定番カリフラワーサラダ

気がつけば、今年も2月に入った今頃、お正月に逆戻りして、食べ物日記を書いております。 カリフラワーとサーモンのサラダは、我が家のお正月料理の定番。カリフラワーのシーズンならいつ作ってもいいはずなのに、なぜかお正月にしか作りません。サーモンが…

残念だったリッチなソフト

「こんなのが出てくるだろう」と思って注文したのと違うのが出てくると、たとえ、それがちゃんとした味でちゃんとした商品でも、「コレジャナイ」と感じてしまうものです。新年早々の「コレジャナイ」は、抹茶のソフトクリームでした。 濃厚ソフトというから…

松島の牡蠣はカキフライ

なんとなく思い立って、松島へふらっと行ってきました。初日の出を見に行くわけでもなく、時間も到着したのがお昼過ぎだったので、遊覧船はガラガラで気持ちよかったです。松島で遊覧船に乗るなんて、何年ぶりでしょう。途中、船内のアナウンスが何度も東日…

厚焼きの伊達巻きがおせちのお供

今日は1月21日で、お正月気分もとっくにどこかへ行っていますが、今頃、1月1日の日記をアップするのです。 我が家のお正月は、毎年、同じ。仙台の伝統的なお雑煮にはハゼが入るそうなのですが、私は食べたことがありません。両親がハゼが苦手なので、我が家…

食べ納めは老舗のうな重

年内のおいしいもの食べ納めは、日本橋にある「鰻いづもや」のうな重です。盟友とも言うべきお仕事婦人会の忘年会です。食道楽の師匠が決めたお店で、私は初めて。日本橋も日本橋、すっかり静まりかえった東京証券取引所あたりをとぽとぽと歩くと、老舗らし…

年内最後の熟成肉祭り

29日の夜は、世田谷のイタリアンレストラン「IL GiOTTO」を貸し切りしてのお肉祭り。これでもか、というくらい、スペシャルな 熟成肉の牛肉と豚肉を交互にいただきました。あんまりいっぱい食べ過ぎて、どういうふうに熟成させているか、お肉がどんなに素晴…

チョコ味のピチヴィエフォンダン

年内最後の打ち合わせで、郷土菓子研究社さんのBinowa Cafeへ。ここに打ち合わせに行くのは、おやつを楽しみに行ってるんじゃないかと思ってしまいますが、今日もしっかりいただきました。目当ては、クリスマス限定の「ピチヴィエフォンダン」。チョコレート…

東北と食で交流するmother-lineのたっぷり柚子茶

料理研究家の林幸子先生と関岡弘美先生が参加しているmother-lineは、東日本大震災をきっかけに食を通して東北支援を続けている有志の団体です。活動資金のために、毎年、年末になると、手作りの食品をいろいろ販売しているのですが、今年もこの柚子茶と黄柚…

深沢キッチンのかわいいシュトレン

今年2個目のシュトレンは、深沢キッチンさんからのクリスマスプレゼント。シュトレンにもいろいろな形があるんですね。丸いパン状のものの3分の1をパタンとたたんだ形がかわいらしい。味ももちろんやさしくて、うまうま。 今年はいっぱいシュトレン、食べま…

まかないランチの絶品鯖パイ

本日は終日、撮影。ランチは、料理をお願いしている深沢キッチンさんが持ってきてくれました。ハイジの白パンと、この四角いパイはなに?と聞くと、なんと鯖!なんだそう。これがまたおいしい、絶品!クリームと鯖が絶妙にマッチしていて、さくっとしたパイ…

今日もカレー、明日もカレー

ドタバタしていたので、おうちごはんは、ルーがあったので、スープカレーに。材料は、と見てみたら、手羽元、じゃがいも、にんじんしかないじゃないですか。手羽元の骨からダシが出ることを期待して、ささっと調理。んー、味が足りない。冷蔵庫にあったクミ…

グー先生のちょっと早い年越しそば祭り

今年のクリスマスイブは、そば祭り。グー先生こと林幸子先生にお招きいただき、そばの会を堪能してきました。 席に用意された箱の中には、見た目も楽しいお料理がぎっしり。白黒のこれは?と謎の料理は、白和え。黒練りごま、チーズ、サーモンが混ぜてありま…

クリスマスはがっつりお肉のローストビーフ

平成になってから、日本のクリスマスイブは12月23日と24日の2日になりました。月刊誌の仕事がモリモリあった頃は、クリスマスは年内仕事のピークだったので、華やかな記憶はないどころか、「ごはんを作ってる暇もない!」とピザを頼んだら、サンタの格好をし…

歯医者さんの後は定番のイタリアン

歯がもともと弱いのと、せめてメンテナンスだけは、と3か月に1回、歯医者さんでクリーニングしてもらっています。その歯医者さんに通い始めた頃は、毎回、ランチの場所は変えていたのですが、最近は、もっぱら小さいイタリアンで。地元でこぢんまりとご夫…

ブレードランナーも「近」未来

スターウォーズを観たら、こっちも劇場で観ないと、と、駆け込みで「ブレードランナー2049」も観てきました。こちらのほうが映像が暗いので劇場で観るべき映画かもしれません。 1982年公開の「ブレードランナー」は、「歌舞伎町あたりも外国から見るとこんな…