今日も元気に食べ過ぎました。

毎日のごはんとおやつ絵日記です。ときどき、食べ過ぎて忘れます。

ピリピリしびれる清く正しいふる里の飴

f:id:asanohanao:20181015203114p:plain

ハード系もあれば、ソフト系もある。つるっとした食感があれば、サクサクタイプもあったり、「飴ちゃん」もバラエティ豊かな分野です。

先週、仕事で滋賀県竜王町に行ったとき、「お土産にどうぞ」といただいたのが、この飴。パッケージが昭和テイストの素朴さで、デザインが私のツボな上に、「田のし飴」というネーミングもセンスがいいです。

とはいえ、この手の昔ながらの飴は、ボソボソした食感のものも多いので、じつはあまり期待せずにいただきました。ボソボソ飴、苦手なんです。

が、す、すいません!舐めてました。飴だけに。

うまいんですよ、コレ、マジで!

淡い乳白色一色なので、最初は気づかなかったのですが、じつは、たっぷりシナモンが入ってます。この外袋からすると、シナモンと英語読みするよりは、昔ながらの呼び方で「桂皮」や「ニッキ」と呼びたい味わい。ピリピリと舌がかなりしびれるくらいの量がたっぷり入っています。伸ばした飴をハサミか包丁でポンポンと切っているようで、断面のあたりに薄茶色の筋が見えるところから想像すると、桂皮油と黒糖(かな?)を飴でくるんで作っているようです。

固さも絶妙で、舐めながら、軽く嚙む楽しさも味わえる適度さ。かといって、ヌガーのように歯に粘って困ることもありません。舐め終わったあとの口の中も、糖分でべたつくことなく、さっぱりしていて、つい次の飴に手が出てしまいます。

原材料が黒砂糖、上白糖、水飴、サラダ油、桂皮油と、袋にしっかり印刷されているのも、作っているお店の自信が垣間見えて、いい感じなのです。

作っているお店は、滋賀県蒲生郡竜王町の「正栄堂」というお菓子屋さん。ぐぐってみると、家族経営の小さなお店のようです。地元で長く愛されてきたお店なのでしょう。「正栄堂」という店名や代表の方のフルネームが書いてあるパッケージから、コツコツとおいしいお菓子を真面目に作ってきた歴史が感じられます。こういうお店は本当に貴重なので、ずっと頑張って欲しいなぁと思います。

正栄堂さんは「金杯カステラ」というカステラも作っているようで、これまた写真で見るだけでも、おいしそうです。

電話したら、通販で送ってもらえるかなぁと、残り少なくなってきた飴を眺めながら、考えている私なのでした。

ちなみに竜王町は、近江牛が生まれた町としても有名だそう。近江牛もやわらかく、適度な脂身と甘みが感じられる上品なお肉でした。

 

御菓子司 正栄堂

滋賀県蒲生郡竜王町綾戸167−6

 

竜王町観光協会のグルメページ

 

竜王町観光協会のページでも紹介されています。

 

恋しいDQのパリパリチョコソフト

f:id:asanohanao:20181009001511p:plain

忘れていたはずなのに、ふっと思い出し、もう食べられないのかと懐かしく、さびしさも感じるのは、まるでひと夏の恋のよう……って、そんなロマンチックな思い出はありませんが、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー・リミックス」を観ていたら、デイリークイーンのソフトクリームが食べたくてたまらなくなりました。

うっすーいパリパリのチョコレートコーティングの下にとろりとしたソフトクリームの組み合わせを初めて食べたときの衝撃といったら。学生時代にずいぶん食べたけど、大人になってからは食べた覚えがほぼなし。あのチョコのパリパリコーティングは忘れられない。キャラメルソフトもおいしかったけど、私は原体験が強烈だったチョコ派でした。いまだにどうやってコーティングしていたのか、謎です。調べてもいませんけど。

そして、デイリークイーンといえば、ダイエーのフードコート。東京住まいになってから、近所にダイエーがなかったことやダイエー落ち目、業績不振に陥ったせいもあったのか、最後に食べた頃の記憶がかなりあやふやです。

デイリークイーンを調べてみると、2004年で日本から撤退しておりました。そういえば、その頃、ちょっと話題になったような?

まるでダイエーの簡易版社史かと思うようなWikipediaを調べてみたら、2004年は、ダイエーが再生産業機構の支援を受けて再建に乗り出した年。そうでした、それに合わせてデイリークイーンも撤退したんでしたね。

今、デイリークイーンのソフトクリームを食べようと思ったら、海外に行くしかないらしい。日本にも過去にデイリークイーンだったお店が「デイリーキング」と名前を変えて三重県にあるらしいけど、惜しむらくは、ソフトクリームの盛り方が渦巻き状。デイリークイーンの鏡餅のような盛り方じゃないと、「コレジャナイ」感を感じてしまいます。DQの本家サイトを見ると、一応、日本にも再進出したいような姿勢はあるみたいですけどねぇ。

 

 

 

真っ黒くろの謎のうまうまケーキ

f:id:asanohanao:20181008163514p:plain

見た目、驚きます。真っ黒でところどころ白いです。イカスミでも使っているのか?と思うようなカップケーキですが、これがやみつきになるおいしさ。

「深沢キッチン」の「ブラックココアバナナケーキ」です。ココアとバナナの鉄板コンビ味ですが、控えめな甘さで生地も軽い味わいなので、ぺろっといけちゃいます。

「深沢キッチン」らしいなぁと思うのは、飾りのところ。ミニサイズのオレオがちょこんと乗っているのです。「深沢キッチン」のお惣菜たちは、トップクラスのプロのシェフだからこそ出せる味なのに、お店で選ぶときは、そんなことは感じさせずに、近所でふらりと買い物しているような気楽さがあります。心がほっとして、食べる楽しさを思い出させてくれるのです。その気取りのない親しみやすさがいいなぁと毎度、思うのでした。

 

 

www.fukasawakitchen.tokyo

 

 

グー先生のツヤッツヤ柿と胡桃のタルト

f:id:asanohanao:20181008162238p:plain

グー先生こと林幸子先生とちょっとした打ち合わせがあり、コーヒーと一緒に出していただいた「柿と胡桃のタルト」。前日から、グー先生のFacebookでこのタルトが料理教室の課題になっていたのは知っていたので、はい、狙ってました。目の前に出てきたときは、もちろん、「うわーい!!やったー!」と歓声を上げました。

 

グー先生はロールケーキもおいしいけれど、タルトも絶品。つやつやに輝くタルトいつまでも眺めていたい気分もありますが、せっかく出していただいたのですから、いただかないわけにはまいりません。「手でどうぞ」のお言葉に甘え、手でもってサックリ。とろーんと甘く煮た柿と濃厚な味わいのアーモンドクリームがもにょーんと口を喜ばせてくれます。それを支えてるタルト生地は、ほどよい歯ごたえでサックサク。ちょんと乗ったピスタチオをカリッとかじると、甘みの中のアクセントになっていて、これまたいい感じです。

 

あ〜終わっちゃった、と食べ終わるのが本当に惜しいタルトでした。ごちそうさまです!

 

9月にグー先生の新刊が出ました。そろそろ親の介護かも?と思っている方に役立つレシピとアイデアがたくさん紹介されています。

 

介護じゃないけど、やっぱり心配だから 親に作って届けたい、つくりおき

介護じゃないけど、やっぱり心配だから 親に作って届けたい、つくりおき

 

 

 

現地気分でベトナム料理

f:id:asanohanao:20181008160054p:plain

江古田にあるベトナム料理店「マイマイ」に連れて行ってもらいました。オーナーはベトナム料理研究家としてレシピ本なども出されている足立由美子さん。ところどころ真っ赤に塗られた店内やあちこちに飾られているベトナムグッズを眺めながら、椅子に座って渡されたのは袋がふくらんだ不思議なおしぼり。はて?

足立さんが「叩いて出すんですよ。音に驚かないでくださいね」と言うやいなや袋を両手でパン。その瞬間、「パーン」と店中に響くような破裂音にびっくり。でも、お正月に鳴らす爆竹のように景気がよさそうなので、私たちもパンパン叩いて、食事をスタートさせました。

たくさん注文しましたが、記憶に残っている料理の一つが「とうもろこしとパクチーかき揚げ」。とうもろこしもシーズンがおしまいなので、お店に行った日が最終日になるとか。とうもろこしの甘さとパクチーの香り、軽く揚げたサクサク感がたまりません。

かき揚げに添えられた甘酸っぱくて少し辛いベトナム風万能だれ、胡椒塩、ライムで食べ比べしてみましたが、どれもおいしくて、おかわりしたくなりました。

 

次はバインミーを食べに行きたいですね〜。

 

Mãimãi | ECODA HEM

 

 

ホールでもいける!プリンセストルタ

f:id:asanohanao:20181002211818p:plain

久しぶりの投稿は、郷土菓子研究社&Binowa Cafeの「プリンセストルタ」。スウェーデンの郷土菓子です。スポンジケーキの間に生クリーム、ラズベリージャム、カスタードクリームが層になって挟まれていて、マジパンで包まれている贅沢なケーキです。

 

マジパンで包まれているので、どっしり味かなと思うような見た目なのですが、食べると、とても軽〜い味わい。ふんわりとしたスポンジケーキ、軽めの生クリームとカスタードクリームにラズベリーの酸味がほどよくきいていて、もういくらでも入りそうなくらいのおいしさでです。

 

ホールでもいけます!ホントにおいしい。郷土菓子研究社のお菓子は、いつもどれもおいしいのだけど、これは、その中でも食べた瞬間に「う、うまい!」と脳が喜ぶおいしさです。

 

Binowa Cafeの週末限定メニューで、10月中は食べられるはず……なので、お早めにどうぞ〜。

 

ちなみに、なぜ「プリンセストルタ」と呼ばれるかといえば、スウェーデン王室の王女たちのお気に入りのケーキだったから、というのが有力な説のよう。「プリンセストータ」「プリンセスケルセ」と呼ばれたり、英語風に「プリンセスケーキ」という名前でも呼ばれることもあります。

 

 

アイディア一発芸でインスタ映え

f:id:asanohanao:20180624185444j:plain

打ち合わせの店で、どどーんと店頭のサンプルで輝いていた「メロンパンケーキ」。コレ、見ちゃったら、注文しちゃうよね。

 

確かに見た目はメロン。メニューのパンケーキの欄にあったので、中身がパンケーキなのは予想がつくんだけど、切ったらどういう構造になっているのか。3人でシェアして、ケーキ入刀!

 

2枚のパンケーキの間に生の四角く切ったメロンとアイスクリームが挟まれ、パンケーキの表面にメロンシロップを混ぜたクリームを塗り塗り。ホイップクリームを細く絞り出して、マスクメロンの筋に見せているというシロモノでございました。

 

表面のクリームのメロンシロップが、まるでクリームソーダ。こ、これなら、普通にクリームソーダとパンケーキを頼んだほうがよかったのでは?と思うのは、野暮なのでしょう。アイディア一発芸のケーキでございました。

 

けっこうな大きさで、お値段も1600円なので、中華料理の気分で4人でシェアするのが、たぶん、正解。それにしても、「メロンパン」ケーキだったのかな、「メロン」パンケーキだったのかな。