今日も元気に食べ過ぎました。

毎日のごはんとおやつ絵日記です。ときどき、食べ過ぎて忘れます。

食べ納めは老舗のうな重

f:id:asanohanao:20180111162243p:plain

年内のおいしいもの食べ納めは、日本橋にある「鰻いづもや」のうな重です。盟友とも言うべきお仕事婦人会の忘年会です。食道楽の師匠が決めたお店で、私は初めて。日本橋日本橋、すっかり静まりかえった東京証券取引所あたりをとぽとぽと歩くと、老舗らしい店構えから、外にまで蒲焼きの甘いたれの香りが漂ってきます。その香りに誘われて、ふらふら入る人もたくさんいそうです。

肉厚でお重からはみ出すくらい大きくてジューシーなうな重も大満足でしたが、初めて食べた「蒲の穂焼き」にはびっくり。くるっと鰻を竹串に巻いて焼いているのですが、うまみがぎゅーっと内側に凝縮されてて、うなぎのおいしさがストレートに伝わってきます。鰻は魚!なのです。

鰻は縄文時代から日本で食べられていたそうで、蒲焼きの原型がこの蒲の穂焼きなんだそう。そして、蒲の穂焼きが転じて蒲焼きになったという説があるそうです。蒲の穂って、以前は水辺でよく見かけていたような気がするのですが、最近はどこで見たのかしら……。次に見かけたら、蒲の穂焼きしか思い浮かばなくなりそうです。

いづもやさんの蒲の穂焼きのいわれはこちら

www.idumoya.com

2017年もたくさんいただきました。ごちそうさまでした!

年内最後の熟成肉祭り

f:id:asanohanao:20180111160917j:plain

29日の夜は、世田谷のイタリアンレストラン「IL GiOTTO」を貸し切りしてのお肉祭り。これでもか、というくらい、スペシャルな 熟成肉の牛肉と豚肉を交互にいただきました。あんまりいっぱい食べ過ぎて、どういうふうに熟成させているか、お肉がどんなに素晴らしいか、すっかり忘れております。

 

保存保存

チョコ味のピチヴィエフォンダン

f:id:asanohanao:20180111155859p:plain

年内最後の打ち合わせで、郷土菓子研究社さんのBinowa Cafeへ。ここに打ち合わせに行くのは、おやつを楽しみに行ってるんじゃないかと思ってしまいますが、今日もしっかりいただきました。目当ては、クリスマス限定の「ピチヴィエフォンダン」。チョコレート味のアーモンドケーキにキルシュ入りのアイシングがたっぷりかかっています。

甘そうですが、見た目ほど甘くなく、チョコとのキルシュ酒の風味がいい感じです。林さんのお菓子はどれもおいしいのですが、これもほっんとにおいしかった。通年販売にして欲しいくらいでした。年内限定が惜しい、ホントに惜しい!

とはいえ、「ピチヴィエフォンダン」って何?のワタクシ。打ち合わせがあったので、林さんにじっくり聞く時間もなく、今、調べました。フランスのピチヴィエという町の名物郷土菓子なんだそう。

ピチヴィエフォンダンのお話は辻調のホームページにありました。

辻調おいしいネット / とっておきのヨーロッパだより

 

www.kyodogashi-kenkyusha.com

 

 

東北と食で交流するmother-lineのたっぷり柚子茶

f:id:asanohanao:20180111155218p:plain

理研究家の林幸子先生と関岡弘美先生が参加しているmother-lineは、東日本大震災をきっかけに食を通して東北支援を続けている有志の団体です。活動資金のために、毎年、年末になると、手作りの食品をいろいろ販売しているのですが、今年もこの柚子茶と黄柚子胡椒、グー先生(林先生)監修の江戸生七味をゲット。どれも香りと風味が抜群で、これを食べてしまうと、他の市販のものが食べられなくなる危険な食べ物です。

柚子茶もたっぷり入っていたのですが、たぶん、あっという間になくなっちゃうだろうなぁ。

 

www.facebook.com

 

 

 

深沢キッチンのかわいいシュトレン

f:id:asanohanao:20180111154915p:plain

今年2個目のシュトレンは、深沢キッチンさんからのクリスマスプレゼント。シュトレンにもいろいろな形があるんですね。丸いパン状のものの3分の1をパタンとたたんだ形がかわいらしい。味ももちろんやさしくて、うまうま。

今年はいっぱいシュトレン、食べました!

www.fukasawakitchen.tokyo

 

まかないランチの絶品鯖パイ

f:id:asanohanao:20180111154527p:plain

本日は終日、撮影。ランチは、料理をお願いしている深沢キッチンさんが持ってきてくれました。ハイジの白パンと、この四角いパイはなに?と聞くと、なんと鯖!なんだそう。これがまたおいしい、絶品!クリームと鯖が絶妙にマッチしていて、さくっとしたパイ皮との相性もいいのです。おいしくて何度もおかわりしてしまいました。

うまさの秘密は鯖にあったよう。スペシャルなサバ缶を使ったそうです。サバ缶もいろいろありますね。

今日もカレー、明日もカレー

f:id:asanohanao:20180111153747p:plain

ドタバタしていたので、おうちごはんは、ルーがあったので、スープカレーに。材料は、と見てみたら、手羽元、じゃがいも、にんじんしかないじゃないですか。手羽元の骨からダシが出ることを期待して、ささっと調理。んー、味が足りない。冷蔵庫にあったクミンやガラムマサラ、残っていた普通のカレールーを投入して調整して、まぁ、それなりに。

おうちごはんなんて、こんなもんです。